【自愛メソッド】不調つづきの私でも明日から体が変わる50の方法

心や体を本来の生き生きとした状態へ整えるための方法を公開しています

瞑想のその先へ・・・現実をマインドフルに生きていくシンプルな方法

あなたの人生を体感覚レベルから愛に満ちたものへ変えていく

【自愛メソッド】へようこそ!

 

このブログは、遠隔施術を定期的に受けておられる方へお伝えしているセルフケア方法をまとめたものです。 

 

不調の原因が、日頃の体の扱い方や動かし方など、無意識の習慣からきていることは多々あります。 

それをやめ、体本来のナチュラルな動きを取り戻すだけで、心や体は自然に調和し、おのずと心地よい状態へ向かおうとします。

 

ここで伝えている方法を実践すれば、不調の日が減り、こじらせにくく立ち直りやすい心と体へと、必ず変化していきます。

それだけでなく、あなた自身が自分の心や体を丁寧に扱い、愛をもって自分を扱うことができるようになっていきます。

 

youtu.be

 

 

こんにちは、

アンリーシュのじゅんこです。


あなたは、うまくいかないことがあると、すぐに落ち込んで自分を責めたりしませんか?

 

または、思ったとおりに事が運ばないと、すぐに悪い結果を想像して悲観したりしませんか?

 

あるいは、少しでもミスがあると、すべてが失敗のように感じて投げ出したくなってしまう・・・

 

こんな傾向はありませんか?

 

私たちの脳は、もともと否定的なことへ意識が向くようにできているので、うまくいかない時にこういった気持ちに傾きやすいことは致しかたありません。

 

でも。

 

ポジティブとまではいかなくても、もっとニュートラルにものごとをとらえられるようになれれば、いいと思いませんか?

 

そんなあなたに、肯定感を確実に積み上げていくシンプルな習慣をご紹介します。

 

これは、残念ながら、1度言えば人生が様変わりするというような劇的なものではありません。 


また、ポジティブ思考を強く押し進めるようなものでもありません。

 

言うなれば、ジャッジのないニュートラルな状態でものごとを受け取っていく練習 です。

 

私たちの中には厳しい批評家がいて、何かあるとすぐにジャッジをしてきます。(多くはダメ出しです)

 

世間一般では、ストレスとは外側からもたらされるものだと見なされがちですが、 本当のところはそうではありません。 

 

実はそれに対して内なる批評家がジャッジし、それに反応してしまうことが、ストレスを生み出しているのです。

 

そんなあなたにお勧めするのが、「OK、すべてうまくいっている」と言う習慣です。

 

もちろん「OK」だけでも十分。

 

そこに、ポジティブな感情を乗せる必要はありません。 むしろ淡々と。淡々と。

 

なーんだそんな簡単なことかよ。

 

なんて思ったあなた! 

実際にやってみてください。

 

 

すべてのことにOKを出す。

 

思わしくなかった結果に対して「OK」と口に出した瞬間、あなたの体のどこかに違和感が起こるかもしれません。

 

それが感じ取れたあなたはラッキーです。

 

それは、あなたの中の批評家が「これのどこがOKなの?」って言っている証拠なんですよ。

 

この違和感が感じられたら、その違和感に対しても、すかさず「そうそうOK」って言います。

 

それでも、まだあなたのどこかが「これのどこが??」って言ってくるなら、また「そう、それでもOK」って。

 

そうやって、もう一人のあなたが「う・・・ん。まあそうかもね」って言ってくれるまで

淡々「OK」を出していきましょう。

 

認める、受け入れる、ほめる、ということが難しいような状況も、つい否定したり責めたくなったりするようなできごとも、いったん「そうそうOK、OK」と口に出します。

 

あなたに起こるできごとは、まるで目の前を流れる川で泳ぐ魚のようなもの。

 

f:id:mismaru:20210402231230j:plain

 引用元:https://nittanweb.jp/2017/02/16/sakenosojou/

 

いちいち意識の釣り針で釣り上げて、問題にしないこと。

 

OK、OKと、ニュートラルにとらえることは、目の前の川を流れてくる魚を釣り上げるかわりに、そのまま見送ることです。

 

そうすることで、それは釣り上げて対処すべき問題ではなくなります。

 

f:id:mismaru:20210402232300j:plain

 画像引用元>>

 

そうそう、マインドフルネスの瞑想ってこんな感じですよね。

 

それを目を開けた現実の世界でやっているようなものだと言えば、伝わるでしょうか。

 

瞑想の時のマインドフル状態が、目を開けた生活では維持できない、というお悩みはあるあるですね。

 

シンとした自分だけの空間で瞑想しているときは至福なのに、終わって目を開けたとたん意識が「俗世間」に戻ってしまい、思考がフル稼働してしまいます。

 

そんな状態にいち早く気づいて、すかさず「これでOK」って言ってみてください。

 

こんなふうに目の前のできごとにいちいち反応してジャッジすることをやめると、今よりももっと気楽に自然体で生きていけるようになると思いませんか?

 

ニュートラルに反応する、というのは、決して「無感情」や「無反応」とは違います。

 

ネガティブの穴を掘ってみずからハマりに行く必要もなく、無理に自分をポジティブに押し上げる必要もなく、不必要に反応することをやめるだけで、あなたの心はずいぶん楽になったことに気づくでしょう。

 

ジャッジに消耗していたエネルギーは、 もっとクリエイティブなことに回すことができ、流れるようにスムーズに生きていけるようになりますよ。

 

ぜひ実践してみてくださいね。

 

  ■ 遠隔施術のご案内はこちらから

peraichi.com

 

ご相談やお問い合わせはこちら>>

または公式LINEからどうぞ

 
 

 

 facebookでは旬の情報をお届けしています

 ↓ クリックするとfacebookへ

https://www.facebook.com/junko7300