心と魂の開花学 | 澄田順子公式ブログ

真の自己愛に目醒め 魂へつながる心の道をひらき 自分を活かして生きる

【調香カウンセリング】好き、嫌い、イヤ、欲しい、素直に言えていますか?

こんにちは、澄田じゅんこです。

 

 

8月の無料モニター様の対面セッションをすべて終えました。お越しいただいたみなさま、ありがとうございます。

 

フレグランスチャートを書き上げましたので、これからお一人お一人調合していきます。もうしばらくお待ちくださいね。

 

3名様をカウンセリングさせていただいて、そのやり取りの中から生まれる、気づきや癒し、前進・・・。私自身も大きな学びとなりました。

 

そして、この調香セッションの役割や私の役目といったイメージを、大幅に刷新することができました。

 

f:id:mismaru:20190803095018j:plain

 

対面セッションでは、まず最初にお話をきくことから始まり、そのお話をもとに意識の深いところへとつながっていただきます。

 

カフェでやっていますが、そんな場所であっても、全員の方が、自分のセンター(中心)とつながる、印象深い体験をされていました。

 

そして、その意識のまま、香りを体験していただきます。ひとつひとつ香りを聴いていただいて、印象を語っていただくのです。

 

f:id:mismaru:20190803094653j:plain

 

みなさん、反応も表現もさまざま。ずっと香っていたい香り、拒否感を感じるような香り、テンションが上がる香り。

 

嗅覚は、大脳辺縁系と呼ばれる情動をつかさどる部分にダイレクトにつながっています。ですから、香りが引き出す反応には、ワンクッションないんですね。

 

あ、好き!

うわ、嫌い!

 

そうやって、クライアントさんの反応を見守っていて気づいたんです。私たち、日頃こんなふうにはっきりと「好き」「嫌い」「イヤ」って表現する機会、あるかしら?と。

 

ないですよね。「好き」は、まぁ言えたとしても、もしかしたら本当に好きなものは「好き」と言えてないかもしれない。

 

ましてや、「嫌い」「イヤ」なんて。周りの反応を気にして言えないものです。「欲しい」ものだって、心の底から欲しいものは、素直に「欲しい」と言えていない。

 

ご自分の内側につながって、まるで子どものように「好き」って言ったり「苦手」って言ったり。

 

それを、調香師(見習い)である私に分析されたり、口を挟まれたりすることなく、自由に表現していく中で、ご本人がどんどん「生き生きとした感覚」を取り戻していかれるんです。

 

以前はね、私も「好きな香り」が多い方がいいと思っていました。その方が「正常だ」って。「嫌いな香り」「苦手な香り」がある裏には、きっと解消すべき問題があるからだって、そんな目で見てたからです。

 

でもね、調香の勉強を進めるにつれ、それは違うな~ということがわかってきました。

 

それ以前に、私たちは「好き」とか「嫌い」とか「イヤ」とか、心が素直に反応することをずっと押さえて生きてきてました。

 

「嫌い」とか「イヤ」とか、調和を乱すようなことを言ってはいけない、自分が破綻の原因になってはいけない、って、自分を戒めてきました。 

 

 

私の提供しているこの調香カウンセリングの場は、それをはずして「素直に反応していいんだよ」「自由に表現していいんだよ」って、そんな場なのです。

 

だからこそ、クライアントさんが、みずから気づかれたり、涙されたり、そんなことがごく自然に起こります。

 

つまり、調香カウンセリングの場は、【調香師がクライアントさんをあれこれ分析するための場】ではなくて、【クライアントさんが安全に自分を表現するための場】だったのだと。

 

これは私にとってとっても大きな気づきでした。

 

あなたは、好き、嫌い、イヤ、欲しい、って素直に言えていますか?

 

「でも、それはわがままだから・・・」って、抑え込んでいませんか?素直に表に出して、初めてゆるんで ほどけて 動くものがあります。

 

深いリラックス体験の中で、閉じていた感覚が目を覚まし、動き始める。そのプロセスを味わっていただきたいなと、思います。

 

f:id:mismaru:20190803094835j:plain

 

ただいま、9月の調香カウンセリング無料モニターを募集しています。

 

とはいえ すでに、4名様のお申し込みがあるため、若干名になりますが、山口県下関市近隣で興味のある方は、どうぞこちら↓の記事をお読みになって、ご連絡くださいね。

 

www.junko.life

 

■澄田順子公式LINE@はこちらから

友だち追加

 

調香カウンセリングについてこちらもご参考にどうぞ。

www.junko.life