UNLEASHED ~アンリッシュ | 澄田順子公式ブログ

心の癒しと体の調律を行う女性と子どものための整体と感性を解放する調香カウンセリングをしています

【まとめ記事】子どもに活かすエニアグラム

個性を解放し、魂の道にそって人生を開花させるための人間理解術
エニアグラム・ダイナミクス

メンタル・コーチの澄田 順子です。 

 

f:id:mismaru:20190210005706j:plain

ここでは、子どものエニアグラムタイプについてまとめてあります。思い当たるタイプを参考にしてください。

 

子どもとひとくくりに言っても、幼少期・学童期・思春期では、親から受ける影響が異なります。そのため、タイプは流動的で、親からの影響や、人格の成長具合によって、タイプのあらわれ方が異なります。

 

どちらのタイプか迷う、どちらのタイプもある、などという場合は、エニアグラムの図で関連性を見てください。数字が隣合う、または矢印で隣り合うような関係であれば、それは想定内のゆらぎです。

 

エニアグラムの知識がない状態でお子さんのタイプを決めつけるのは、危険です。どうしてもお知りになりたい場合は、LINE@に登録の上、ご相談ください。1回のみ 15分無料でご相談にのっています。 

 

f:id:mismaru:20190119234517p:plain

 

 タイプ1の子ども 
  • 人が多い場面では緊張しやすく、ハメが外せない
  • まじめで、先生の指示を 懸命に守ろうとする
  • 怖いものが4つ以上ある(雷・ばい菌・男性・お化け など)
  • 恥ずかしがり屋で、家の外では自分を出さず大人しい
  • こだわりが強く、その通りにならないとパニックを起こす
  • 細かいことが気になり、ちゃんとしていないと気がすまない

www.junko.life

 
 
 タイプ2の子ども 
  • 年下をかわいがり、お世話したがる
  • 誰とでもすぐに打ち解け、仲良くなれる
  • 誘いや頼まれごとを断ることができない
  • 相手を優先して譲ることが多いので、やさしい子と見られがち
  • 話が長く、まわりくどい
  • 手紙やプレゼントなどをマメにする

www.junko.life

 

 

 タイプ3の子ども 
  • 負けず嫌いで、下の立場にいることが苦痛
  • 外ではかっこつけるが、家では母親に甘えたりすねたりする
  • 失敗することや欠点を指摘されることを嫌う
  • 協調性がなく、上から目線で人に接する
  • 自分をよく見せるためにウソをつくことがある
  • 「見て、見て」が多い 

www.junko.life

 

 

 タイプ4の子ども 
  • 空想が好きで、ひとり遊びが多い
  • ぬいぐるみが好きで、会話する
  • 人見知りがかなり強く、家族以外に慣れにくい
  • 集団生活になじみにくい(嫌がる、怖がる)
  • 甘えん坊で、さびしがりやで、泣き虫である
  • 気分屋で集団行動が苦手 

www.junko.life

 

 

 タイプ5の子ども 
  • 手がかからず、おとなしくてわがままなところがない
  • 知りたがりで、読書や勉強をすすんでする
  • 声が小さく、目立つことが苦手
  • 反応が薄く、不愛想にみえるところがある
  • 大人の様子をよく観察して知っている
  • 親にべたべた甘えてこず、どちらかというとそっけない

www.junko.life

 

 

 タイプ6の子ども 
  • 人の顔色をうかがって、いい子にしている
  • 一人でいることを嫌がり、友達といたがる
  • よく気がきいて、先回りして行動する
  • クラスの子どもたちの様子をよく見ていて、情報通
  • 不安が強く、「これでいいか」ひとつひとつ聞いてくる
  • 慎重で、とりあえず周りの出方を見てから動く

www.junko.life

 

 

 タイプ7の子ども 
  • 陽気な空気感を持っているムードメーカー
  • 快活で行動的、交友関係が広い
  • 緊張することが少なく自然体
  • 逃げ道があると、楽な選択肢へ行きたがる
  • 落ち着きがなく、集中力が続かない
  • 食いつきやすいが、すぐに飽きる

www.junko.life

 

 

 タイプ8の子ども 
  • 意志が強く、落ち着いていて、大人びている
  • ボス的な存在になりやすい
  • 命令されて従うことを嫌う
  • 大人にも対等な口の利き方をする
  • 言葉に力があり、ついきつい言い方をする
  • 面倒見のいい面もある

www.junko.life

 

 

 タイプ9の子ども 
  • やる気があるように見えない
  • 喜怒哀楽のメリハリがなく、ひょうひょうとしている
  • マイペースで、慌てる様子を見たことがない
  • 自発的な行動・計画的な行動が苦手で、周りに流されやすい
  • イヤなことや悩みごとはすぐ忘れてしまう
  • 意外に頑固でスロースターター

www.junko.life

 

ひとりひとりの子どもは、可能性を秘めた「種」を生まれ持っています。それが発芽し、すくすくと育つためには、豊かな土壌が必要です。その土壌とは、6歳までの生育環境そのものと言っていいでしょう。

特に、心理的環境。親との関係性が重要です。

 

ひまわりの種からはひまわりしか咲きません。ひまわりの種をもって生まれた子に、アサガオの花を咲かせてほしいと願うことは、親にとっても子どもにとっても酷なこと。

※個性とは、育てて開花させるもの 参照

 

子どもを育む立場にある大人に必要なことは、子どもの種を見きわめ、健やかにしなやかに育ててあげることです。そんなかかわり方に、ふと立ち止まってもらえるきっかけになれば、幸いです。

 

 

 

公式LINE@ ぜひご登録ください。 

15分無料セッションをしています。

澄田順子公式LINE@は

↓ 今すぐこちらから登録 ↓ 

友だち追加