心と魂の開花学 | 澄田順子公式ブログ

真の自己愛に目醒め 魂へつながる心の道をひらき 自分を活かして生きる

【エニアグラム解説】タイプ6:安心安全を求めて尽力する人

インスピレーションと思考を融合させ、秘めた可能性を広げる心理掌握術
エニアグラム・ダイナミクス

メンタル・コーチの澄田 順子です。

f:id:mismaru:20190121080010j:plain

 

f:id:mismaru:20190119234517p:plain


 

タイプ 6:安心・安全を求めて尽力する人

 

 タイプ6を表すキーワード

 

堅実、忠実、安全

仲間意識、組織、帰属

誠実、規則、ルール
 

 タイプ6の資質

 

誠実で堅実 

協調性があり、チームワークを維持できる 

仲間意識が強く、仲間を大切にする(家族・友人・組織) 

安全に対する責任感が強い 

仕事とが正確で信頼される 

ルールや規則をきちんと守る 

思いやりがあり、面倒見がよい 

 

 タイプ6が陥りやすい面


不安にとらわれ最悪の事態を想定する 

何か問題が起きないか、失敗していないかなど、些細なことでも不安に駆られ、最悪の想定をしがちです。不安に襲われているときは、決断力が乏しくなり、頼れる人や組織を探して依存してしまいます。人や組織に見捨てられたりしないかと気に病み、消耗してしまいます。 

 

石橋をたたいた挙句 渡らない 

規則やルールに縛られてしまい、型破りで大胆な発想で行動することが苦手。変化に対応するのも得意ではなく、既存のやり方にこだわり、防衛的になります。また、グループを規則で縛り支配し、自分の考えに忠実でないメンバーを排除しようとします。 

 

被害妄想にとらわれる

基本的に、人を信じるというより疑ってかかるほうが多いです。そのため、自分を悪用されないように秘密主義を徹底します。疑いが強くなれば、相手のちょっとした言動からも妄想を膨らませ、侮辱された、けなされたと感じてしまいます。 

 

 タイプ6のあなたへ

 

「心配性ですか?」と聞かれたら、あなたは間違いなくYES と答えるでしょう。それほどまでに、あなたは、自分が日常的に「不安」や「心配」を抱えやすいことを自覚しているからです。

 

そのため、あなたの意識は安心・安全な状況を整えることに注がれているでしょう。あなたにとって安心や安全を保証してくれるのはどんなことでしょうか? 

 

まず、タイプ6の意識は、約束や規範や保障といった「枠組み」に向かいます。あなたは、まじめで誠実で責任感が強くルールを誠実に守ろうとします。

 

決まり事や約束に忠実で、先手を打った行動やフォローの気遣いも上手いため、「この人なら安心して任せられる」という、信頼を得ることができるでしょう。 

 

安全志向のあなたは、冒険せず着実にものごとを進めようとします。なじんだやり方やルールを重視するため、新しい考えや未知のことには、ついつい拒否反応を示してしまいがちです。

 

安全志向の裏返しは警戒心と失敗回避。「失敗したくない」という気持ちが強く、抜本的な改革やリスクを恐れます。

 

また、タイプ6の意識は、仲間や組織などに向かいます。タイプ6のあなたは、とても愛情深い人で家庭や友情を大切にします。長いつき合いの友人もたくさんいるでしょう。誰でもいいわけではありません。心を許せる人。仲間意識・帰属意識があなたにとって、大切なものでしょう。

 

ですから「目の前の人は 仲間にふさわしいかどうか・・・」ということには、一線を画す しっかりとした線引きがあります。自分の仲間内に迎え入れた人には誠心誠意を尽くします。 

 

あなたの心の中には「嫌われたくない」という想いがどのタイプよりも強くあるでしょう。嫌われる、ということは、あなたにとってそのグループにいられなくなることを
意味します。

 

そのため、あなたは無意識に人を顔色に気を配り、相手のちょっとした変化にも自分のせいではないかと不安になり、いてもたってもいられなくなります。さりげなく相手の様子をうかがって、自分に原因がないか確かめようとします。 そして、自分のせいではないとわかると心の底からホッとするのです。

 

 あなたの求める安全や安心は「外側から与えられる」ものです。そのため、絶えず外側に意識を向け続けることになります。 ささいなことから生まれた不安は、あなたの中で妄想的に膨らんで強い 緊張をもたらすでしょう。 

 

その緊張が最高潮に達すれば、まるで 「窮鼠猫を噛む」かのように、思いもよらないような攻撃に出て自分を守ろうとします。

 

自分のことをとるにたらない、頼りないものだと思いがちのようです。その自信のなさが、劣等感や引け目を生み出してしまうのでしょう。そのため、自分より圧倒的に強い規則や組織や人物を求めて守ってもらおうとします。

 

自分より大きな権力の傘下にいることで「安全なポジション」を確保できると感じるからです。 

 

あなたの資質はどのようにしてできあがったのでしょうか?

 

子どもの頃、あなたの家庭の中で父親が怖い存在だったのではないでしょうか?場合によっては母親だったかもしれません。小さい頃のあなたは、怖い存在だった親の顔色を常にうかがっているような、そんな子どもだったのではないですか?

 

親が怒っていないか、自分のふるまいが機嫌を損ねさせていないか、あなたはいつも うかがっていました。 

 

タイプ5が、親の愛情に半信半疑で親の様子を遠巻きに眺めているのに対して、タイプ6は、愛を確かめるためにアクションを起こし、相手の反応を見きわめようとします。

 

例えば、近くに寄ってみたり、話しかけたりしてみて、親の反応をうかがうのです。そして、「怒ってないな」「大丈夫そうだな」と感じたら、安心して親の元に近寄ります。

 

同じ思考タイプのタイプ5が、親と深く関わることを避け、距離を置こうとするのに対し、タイプ6は、あくまでも関わりたいのです。愛されたいのです。

 

親なる存在に。本当は 親のことが大好き。けれども愛されている自信がない。いつか見捨てられるかもしれない。見放されるかもしれない。そのことがあなたに無限の不安をつくりだします。

 

力あるものに守られ安心を得たい、という思いと 同時に、自分を預けることで弱みを握られ、つけこまれているようなそんな思いも感じます。相手への思慕と反抗、相反するような思いを抱え、その両極端をまるで振り子のように気持ちが揺れ動きます。 

 

この振り子のような感情の揺れ動きは、決断をする場面で大きくなります。

「進むべきか」「戻るべきか」

 「した方がいいか」「しないほうがいいか」 

「従うか」「抵抗するか」 

「信じるか」「信じないか」 

 

正反対の選択肢の間で落ち着きなく思考します。 

 

このようなとき、心に余裕がなくなりパニックを起こしやすくなります。パニックになった場面では、感情を爆発させたり、攻撃的になったり、自滅的になったり、普段の姿からは考えられないような行動をとってしまうこともあるでしょう。 

 

あなたの心のなかは、ささいなできごとをきっかけに「この先 どうなってしまうのか」ということで、頭がいっぱいになりがちです。 

 

しかし、よく考えてみてください。これまで考えてきた最悪の想定の数々。それは、実際に現実化したでしょうか?しなかった方が圧倒的に多いはずです。確

 

かに「不安が的中した事案」は、あなたの中に強烈な記憶として残っているかもしれません。それでも、冷静に考えてみれば、現実化しなかった方が圧倒的に多いはず。

 

こうやって、一つ一つ 不安を打ち消し、そのループにはまらないことがあなたにとって大切です。「どんな時でも自分は大丈夫」という、内面の安定を手に入れていきましょう。


あなたは本来まじめで仲間思いで誠実で信用に足る資質を持っています。あなたの内面が安定することで、内側からにじみ出るような信頼感をたよって、たくさんの人があなたを必要として集まってくれるでしょう。自信をもってください。   

 

www.junko.life

 

 タイプ6のためのワーク

 不安はどうしておこるのでしょう? 不安は、起こっている出来事に対して「先が見えない」、「経験したことがない」など、情報量が少ないときに起こります。情報不足を

頭が超高速で想像して補おうとしている状態です。そして、考えるばかりで結論が出ないとき、膨大な思考の中で不安が強くなります。 

おそらくあなたが不安や妄想に駆られるとき、何らかの習慣化したパターンがあるはずです。その思考習慣を見つけ、客観的に理解し離脱していくことが重要です。どれだけ悩んでも「不安」に対する正解は出ないし、生きている限り不安が完全になくなることはありません。私たちが安全に生きていくために「不安」は大切な要素です。必要最低限の不安と、適切につきあっていけるように、まずは思考習慣を客観視することから始めましょう。

 

 ■ 書き出しのワーク 

① 不安や悩みが浮かんだら書き出しておく(可視化することが大切) 

② その不安や悩みと、うまく折り合いをつけられた時の考え方や方法を書いておく 

③ あらたに不安になったとき、①②を見返して同じパターンを繰り返していないか、検証する 

 

思考整理のイメージワーク

 ① おでこのあたりから頭のフタをカパッっと開けて、中を覗いてみる。協力:フエキくん

f:id:mismaru:20190121081831p:plain

② 中にあるもの(思念のゴミ)をイメージし、いらないものは捨てる

※壊れたスピーカー、錆びた精密機械、生ごみなど、自由にイメージしましょう。

③ からっぽになった頭の空間を 光で満たす

④ 頭のフタを閉じ、深呼吸をする

 

■ 保存版 エニアグラムタイプ解説

公式LINE@ ぜひご登録ください。

澄田順子公式LINE@は

↓ 今すぐこちらから登録 ↓

友だち追加