心と魂の開花学 | 澄田順子公式ブログ

真の自己愛に目醒め 魂へつながる心の道をひらき 自分を活かして生きる

自分を大切にして深くつながるための呼吸瞑想 体感セッションのご案内

f:id:mismaru:20181105165723j:plain

 

 

こんなことはありませんか?

日常の中でリラックスが味わえない

ストレスや不安が常にある

食欲が抑えられない

肌荒れが改善しない

ネガティブなことをくよくよ考えてしまう

時間があるとスマホを触ってしまう

無理して明るく振る舞っている

呼吸が浅い、口呼吸をしてしまう

感情を感じたり表現することが苦手

悲しい経験を心のどこかで引きずっている

 

こんなふうになれたらいいと思いませんか?

深いリラクゼーションが得られる

頭のモヤモヤがとれ、思考がスッキリする

ストレスや心配にとらわれなくなる

生活の中で歓びを感じる瞬間が増える

自分を抑えている感覚がなくなる

自分を大切にする、という感覚がわかる

 

 あなたは、自分のことを大切にできていますか?

自分の体を大切にしましょう

自分の気持ちを大切にしましょう

と、言われますが、実際にどうしたらいいのでしょう?

 

「自分を大切にするためのワーク」もありますが、いきなり取り組むには抵抗があったり、落ち着いて向き合う時間がなかったり。頭でわかっていても、なかなか取り組めないですね。

実は、自分を大切にする感覚は、もっと身近で方法で育めるのです。

 

自分を大切にする 一番かんたんな方法

それは、

あなたの「呼吸」を大切に扱うこと。

ひと息 ひと息を 丁寧に扱うこと。

 

生命は、すべて呼吸に支えられています。呼吸とは、生命に直結した機能です。

それだけでなく、感情面や精神面と深く結びついています。心の状態によって呼吸の状態は大きく変わります。

「きちんと息が吸えて吐き出せる」ことは、健全に生きるための基本中の基本。本当に自分を大切にしたかったら、「自分の呼吸」を大切にすることから始めましょう。

 

「自分を大切にできない」サインは 呼吸にあらわれる

1. 呼吸が浅くなるとき

ストレスを抱えている状態では、それを感じないようにするため、自然に呼吸が浅くなります。

呼吸は感情の動きと直結しています。呼吸をして胸(ハート)が動くと、感情が動き出します。抑圧している感情が動き出すのは苦しいので、無意識に呼吸を浅くして、感情に触れないようにしているのです。

呼吸が浅くなれば、エネルギーの動きが鈍るので、活動が落ち、内面によどみが生まれます。 

2. 吸えないとき

ストレスなどで、肋骨や横隔膜を広げるための筋力が弱ったり、制限がかかったりしている状態です。

息が吸えない、というのは「受け取れない、受け入れられない」という状態を表します。 心に余裕がなく、外からの刺激や働きかけを受け取れない状態なのです。

もともと、しっかりと吐き出せていないからでもあります。

3. 吐けないとき

吐き出すための筋力が弱っていて、吐ききることができません。

息が吐けない、ということは「表現できない、アウトプットできない」という状態を表します。あるいは手放すことへの執着、手放して「からっぽ」になることへの恐れがあるかもしれません。 

 

 4. 奇抜な呼吸法にハマるとき

心の軸がブレればブレるほど、奇抜で現実離れしたものに惹かれます。それは呼吸法も同じ。昔の人は、悟りの境地に達するために、いろいろな呼吸法を編み出しました。そして、それを修行の中で一生懸命遂行しました。結果、自律神経を病んだ人が多く出ました。

奇抜な呼吸法というのは、そもそも「不自然」なもの。「不自然」なものに身をゆだねればゆだねるほど、自然本来の摂理からどんどんはずれ、心身が不調になります。

***

この呼吸レッスンでは、「不自然さ」をいっさい取り払ってお伝えします。

 

からだ本来の呼吸をする

現代人は、たくさんの情報にさらされ振り回されています。何が自分にとって一番心地よいのか、その感覚を見失い、見つけ出すことも難しくなっています。

それが、呼吸の乱れに現れています。呼吸すら、どんなふうにしたらいいのかわからなくなっているんですね。

あなたが、自分本らの感覚を取り戻したいのなら、からだの仕組みにそった呼吸や動きをすることが、一番の近道です。

このレッスンでは、からだ本来の呼吸をし、心地よい感覚を実感していただきます。

ラクゼーションで言われる「腹式呼吸」や「長く息を吐く呼吸」も、ここでは取り扱いません。生物学的に見れば、不自然な呼吸だからです。

 

現実をしっかり生きるベースづくり

 本来の呼吸は、頑張るものではありません。内側の感覚と対話しながら、自分をゆだねていくものです。呼吸にゆだねる感覚がわかってくると、自然と自己信頼感も生まれます。ただ呼吸をしているだけで、至福の状態に近づけるようになるのです。

 

心と体の調和から生まれる深いリラックス 

リラックスしながらも、意識が冴えている感覚

その状態を同時に育むことで、より自然体でいられるようになります。心や体から力みがとれ、適度な軽やかさとほどよい着地感で、現実をしっかりと生きられるようになるのです。

 

自分の本質としっかりとつながる

不安や怒りなどの感情は、とても粗い波動です。それに四六時中とらわれていると、もっと細やかで繊細な感覚に気づくことができません。

頭の中の雑念のノイズが鎮まると、より繊細な波動である直観やギフトが、もっと鮮明に届くようになります。立ち直る力、癒す力など、いわゆる自然治癒力が活性化し、

自分の本質としっかりつながっている感覚が得られるようになります。

 

 

 呼吸瞑想 体感セッション

自然本来のあり方に心と体がシンクロしていく 呼吸法の体験セッションをしています。

お一人お一人の状態に合わせて、ガイドしながら進めていきます。セッション自体が一つの瞑想体験になるように組み立てています。

あなたにもぜひ、深いリラックス感覚を体験していただきたいです。

 

1. 体感セッションの内容

①基本の呼吸法

②ボディシェイプ呼吸法

③光のイメージ瞑想

④誘導瞑想体験

など

 

2. 特典

*LINE@による1か月フォロー

*呼吸瞑想用音源(5分)プレゼント

 

3. 詳細

80分 マンツーマン

オンライン:ZOOM、またはFB Messenger

対面:下関近隣の方・女性に限ります

 ※受講方法は、こちらを参考にしてください。

 

通常価格6,000円

5,000円(税込・銀行振込・ペイパル)

 

 

呼吸瞑想

オンライン 体感セッションのお申し込みは

澄田順子 公式LINE@ 

友だち追加

 

または

こちらのフォームから>>

 

さらに

瞑想を通して内なる自分と対話し日常に活かしたい方は、3か月コースを受けられることをおすすめします(体験セッション時にご相談ください)。

インナーチャイルドなど内なる自己のセルフヒーリングがしたい方

*他者の力を借りずに自分で答えを導き出したい方

*日常でのメンタル・メンテナンス方法を知りたい方