UNLEASHED ~アンリーシュ | 澄田順子公式ブログ

女性と子どものための整体と未来思考への扉を開くコーチングをしています

【事例ストーリー⑤】ママの子どもへの愛情が復活すると 子どもの問題行動は好転する

www.junko.life

 

  3歳6か月の男の子(第一子)

赤ちゃんの頃はおとなしくて手のかからない子だった。イヤイヤ期も想像していたほど大変ではなかった。  

イヤイヤ期を過ぎたあたりから急に乱暴になり、思うようにいかないとすぐ手が出るように。特に保育園で、毎日のようにお友だちをたたいてしまう。

 

セラピー後数日して、ママに様子を聞きました。 乱暴は減ってはいないが変化が見られました。

保育園に行く前に、たたかないことを約束するのだそうです。セラピー後、約束したことを「言ってることわかる」と言うようになったそうです!

 

3歳の子なりに「ママの話を理解しようとする」思考が生まれたんですね。行動が変わるには、思考が変わり、定着することが先です。その変化をいい方に受け止めるよう

伝えました。

 

そして、とてもうれしかったのですが、お母さんが、お子さんに「生まれてきてくれてありがとう」と、伝えられるようになった、と話してくれました。 

「これまではそんなふうに言ってやれなかった」って。そう言って涙ぐまれました。

 

その話を聞いて私も胸を突かれる思いでした。 

毎日のようにかかってくる園からの電話。 そのたびに頭を下げて、子どもが帰宅したら注意して、わかってくれない子どもに腹立たしく感じて、お医者さんにも相談して・・・。

 

自分なりに精いっぱいやっているのに好転していかないもどかしさ。子どもを責め、その数倍も自分を責め、子どもに対して笑顔がなくなっていく自分にお母さん自身が、いちばんつらかったのだろうと。 

 

孤独感と閉塞感 

私もイライラと罪悪感の子育て暗黒時代を経験しているので、お母さんを責める気持ちにはなれません。 

ママはわるくない

でも

今自分にできることから

変えていきましょう

 

いつもそんなスタンスでやっています。

  

子どものセラピーですが、同じように傷つき、自分を責めているお母さんへのセラピーでもあります。

 

お母さん自身が癒されることで、ご自分の中の愛が目覚め、子どもを受け入れることができる・・・ 

それこそが子どもにとって何よりの癒しであるから。

 

お互いの気持ちが行き違ってうまくいかない時、セラピストが間に入ってお互いの心の壁を溶かすことで、失われていた親子の愛が、復活します。

 

そうやって、お母さんが自分の母性の力に目覚めていくことが家族を幸せに輝かせる一番の方法なのです。

そして、このケースには、後日談があります!続きます。 

 

 

www.junko.life

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆

 

胎児期から影響が、どのように子どもの心理に影響し、それをセラピーによって修正し親子の真の愛が目覚めていくプロセスを書いてみました。 

もし、同じように悩むお母さんがいらしたら、下記フォームより個別相談にお申し込みください。 

www.junko.life

 

お力になれるかもしれません。