心と魂の開花学 | 澄田順子公式ブログ

真の自己愛に目醒め 魂へつながる心の道をひらき 自分を活かして生きる

妊娠中の不安が止まらない~安静や入院を赤ちゃんと乗り越える

 

妊娠・出産は、

女性の命を懸けた

大きな仕事。


つわりがひどかったり、

体調を崩したり、

 

赤ちゃんのために、

安静や処置、入院を

強いられることも。


赤ちゃんに

申し訳ない気持ちになったり、

家族に負担をかけるのが

心苦しかったり、

ママの心も不安定になりがち。
 
こんな時赤ちゃんは

おなかの中で

どんなふうに感じているんだろう。


おなかの中の

赤ちゃんには

もう意識が宿っていて、

おなかの中で感じるすべてのことを

記憶しているの実は。


胎内記憶のある子どもたちが

いることは知られてるけど

 

特別なことではなく
私たちは思い出せないだけで、

その記憶を持っている。


ただ、

おなかの外の状況が

よくわからないため、
外の世界で

何が起こっているのかは、

詳細にはわからないの。
 
だから

ママの大変そうな感じ

つらそうな感じ

不安な気持ち
そういったものは

伝わってくるんだけど

 

ママがどういう状況なのか・・・

まではわからない。
 
わからないから

赤ちゃんは不安になる。

ママの一部として

同じように感じ取る。
 
ママが苦しんでいるのは私のせいだ。
私がおなかの中にいるから、ママはつらいんだ。

 
そんなふうに

受け取ってしまうの ><;


そうすると、

生まれながらにして


「わたしはママに迷惑かける子だ」

「わたしなんて生まれない方がいいんだ」


という思い込みを

持っている子になるの。



ママは
おなかの外の様子

赤ちゃんに話してあげてね。
 
ママは今、ちょっと具合が悪くて

寝てなきゃいけないんだけど
あなたを守るためだから、心配しなくていいよ。
 
ママ、今ちょっと不安な気持ちで

泣いちゃったけど
これはママの気持ちだから、

あなたの気持ちじゃないからね。
心配しなくていいよ。

 
ママ、これから入院することになったの。
不安だし寂しいけれど、

これはママの気持ちだから、
あなたは引き受けなくていいよ。



そんなふうに

声をかけてあげることで、

赤ちゃんは安心するの。

 

そんなことで、十分なの。


体調が悪い時、

ささいなことにも敏感になり、

不安になったりするよね。


その気持ちが

赤ちゃんに伝わると、

赤ちゃんも一緒に不安を感じる。


 
生まれてから、敏感な赤ちゃんになったり
逆によく寝て泣かないおとなしい子になったり
不安が強くてママのそばを離れられない子になったり
・・・・。

 

そうなる前に。

 


赤ちゃんとコミュニケーションをとり、
ママの気持ちと

赤ちゃんの気持ちを

分けてあげると、


赤ちゃんの不安感は

ずいぶん減る。
それが、

赤ちゃんの健やかな成長につながるよ。

 

 

※子育て、ママの気持ちを相談したい方は

下のフォームからどうぞ

 

 

 

体験セッションのお申込みはこちら>>

 90分 3,000円

 

子育てプログラム一覧はこちら ↓

mismaru.jimdo.com