心と魂の開花学 | 澄田順子公式ブログ

真の自己愛に目醒め 魂へつながる心の道をひらき 自分を活かして生きる

【2】胎内回帰セラピー書き起こし

こんにちは。

 

母との関係に決着をつけ

じぶん軸につながり愛の恩恵を受け取る

胎内回帰セラピー

 

澄田 順子です。

 

 

・・・・

 

 

2016年に、

胎内回帰セラピーを

受けた時の様子を

書いています。

 

これは、私の尊敬するマスター

糸島カーサロータス>>

たんたんさんのもとで

受けたものを

文字起こししています。

  

 

::::::::::

 

<<【1】からの続き

 

セラピーで現れた胎児の私には
「無力」

「守ってやらなければ」という
親のラベルが

貼られていました。


胎動が

極端に少なかった胎児の私


高齢妊婦でもあった母は、

小児科の看護師だった経験から、
かなり心配したようです。

「正常でありますように」と。


そんな母に、父が
「どんな子が生まれてきても、

 守って育てよう。

 福祉に貢献しよう」
と言ってくれたと、

教えてもらいました。

そんなやり取りを、

おなかの中の私は
「私は、何か満たないようだから、

 無力なんだ。
 守ってもらわなければ

 ダメなんだ」
というように

受け取ってしまったようです。

 

 

私はどこか

正常ではないという無力感 

永遠に

満たされることのない不足感

私がおなかのなかで

受け取ってしまった

【バーストラウマ】

そのものを、

肌身で感じることが

できました。

そのラベルを取り除く前に、
ちょっと

成長させなければならないから、
パワーを与えて

成長させてください、

ということで


赤ちゃんを

成長させるパワーを

イメージして、与えました。
その続きです。

 

 

・・・・しばし沈黙・・・


思春期ぐらいになりました。

そこでつまづいたので


女の子ですか?

男の子ですか?
女の子です

 


ではその思春期の女の子に
一番冒険したいことは何なのか、

聞いてみてください
ん~・・・
男のかなぁ、

男の子と

付き合ったりすることかな?

 


では一番ときめく男の子を

イメージしてみてください。


その男の子と、したいことを、

すべてやりきってください。
どんなことでもかまいません。


時間をかけて、

やりたいこと全部やってください
・・・・

(かなり長い沈黙、

 言葉にすることに抵抗している)


手紙を渡す、

待ち合わせをして学校に行く、
休み時間に話をしに行く、

 

放課後、部活を応援する、
一緒に帰る、

時間を気にせずに

暗くなるまで話をする





どんどん出していってください
休みの日に遊びに行く・・・

門限かな、やっぱり

 


門限も破りたかったら

破っていいですよ、自由に。

制限を壊して。
長電話をする、

夜帰りが遅くなる・・・

やっぱそれ(門限)だなぁ(笑)

 

 

 

つきあって楽しいことを親に話す、

自慢する、
自分が幸せそうにしていることを

隠さない

 

遠出する、
一緒にライブに行く、

そして、夜遅く帰る(笑)




お弁当をつくる、

バレンタインを渡す、
大好きってちゃんと伝える、


親に紹介する、

お祭りに行く
家に帰らないで

朝までずっと話をして過ごす

 

 


学校でも

付き合っていることを隠さない、
親に心配させるようなことをする、
何っていうわけではないけど

 

どんどん出して、

自分の殻を壊していってくださいね。
ん~(笑) 

ふたりで家出をしてみる。
いけるところまで行ってみる。
海へ行く。 遊園地へ行く。

 

 

ふたりで内緒で旅行に行く。
うちに彼が泊まりに来る、

彼のうちに泊まりに行く


う~~ん、

とりあえずそのくらいかな


では、インナーセルフに

もう満足できたか聞いてみてください。


満足したら、年齢を上げて、

また冒険をして、
あなたの今の年齢になるまで

繰り返してください。
 

 

【3】へ続きます>>

 


アダルトチルドレンインナーチャイルド、恋愛依存、夫婦問題、子どもの問題行動、子育ての深刻なお悩みならお任せください。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

体験セッションをしていますので
お気軽にご相談ください。
90分 3,000円 (オンライン可)

問い合わせはこちらから>>

体験セッションでは
お悩みを明らかにし、解決への一歩を
お伝えさせていただきます。

また、シンプルなイメージングワークも
体験していただきます。

あなたのお力になれることを楽しみにしています。