心と魂の開花学 | 澄田順子公式ブログ

真の自己愛に目醒め 魂へつながる心の道をひらき 自分を活かして生きる

帰りの遅い夫を締め出してしまう理由

それは、「大切にしてくれてない!!」とインナーチャイルドが怒ってるからです。

f:id:mismaru:20181029103246j:plain

こんにちは、澄田順子です。

自分、配偶者、こども、友人、親戚、仕事、趣味、一人の時間・・・。あなたが優先順位をつけるとしたら? 

あなたのパートナーは?その優先順位が、あなたと彼で違っていたら、どう感じますか?

女性って「愛されたい」「大切にされたい」「守られたい・頼りたい」という欲求を持っています。しかも、それは自分の価値にランクをつけられたくない、ぶっちぎりの1位で絶対的に優先されたい!!というレベルのもの。

だから「仕事と私、どっちが大事?」なんて、本気で彼に迫るわけ。ただ、優先順位は
男性と女性では異なります。状況によっても変わります。

女性は、恋愛時代は彼が1番だったけれど、母親になると子どもが1番に。その時、「夫もそうであるに違いない」と思い込んでしまいます。

夫にとっても、家族が1番、子どもが1番でしょ、と。 でも、男性にとってはそうではないですよね?
 
結婚したからといって、仕事のつきあい、趣味、時間の使い方など、優先順位が激変することってそんなにないんです。 
 
私もありました。結婚して初めての私の誕生日。その日は休日だったけど、朝一番に仕事の応援が入って夫は出ていきました。わかっているけど、なんだか許せなくて、一日中悶々と過ごしました。
 
夕方、仕事に駆り出した先輩方が買ってくれたというケーキをもって帰宅したので、許しましたが(笑)

子育てをしていると、子どもが熱を出しているのに仕事に行くとか、飲み会で遅く帰ってくるとか、そんなことはザラにあって、そのたびに「子どもを大切にしてくれない」「私を大切にしてくれない」っていら立っていたな。 

ただ、仕事の責任、そこに優先順位を置いているだけ。優先してくれないから愛情がないわけではない、と腑に落ちたからそういう いら立ちはなくなりました。

家族ができて、仕事へのモチベーションが上がった
家族が増えて、仕事への責任感が増すようになった

そういった男性は多く、妻の見ていないところで、夫は「責任という愛のかたち」を
引き受けているもの。

また、長く一緒にいればストレートな愛情表現だけが「愛のかたち」でもなくなる。

妻のわがままを黙って聞くこと
 
妻の意見に反対しないこと

理不尽な妻の言い分に頭を下げること

昼食べたものと同じ夕食メニューを黙って食べること

稼いだ給料を、すべて妻に渡すこと

それも、夫の愛のあらわれだったりする。 

かたや女性は「わかりやすい」「ストレートな」「私を満足させる」表現を求めてしまいがち。「してくれない」「してくれない」「してくれない」と不満ばかり言っていませんか?

妻側も、ねぎらいや、思いやりや気遣いをそっと夫の足元に置くことを学ばなければならないと思います。

夫が、朝家を出て、仕事が終わったらうちへ帰ってくる。それ、いつか、当たり前じゃなくなるかもしれない。 その時になって「ああ、あの頃は幸せだったな」なんて、そんな気づき方 絶対にしちゃいけない。 
 
そうやって、ひととおりのことをして、それでもダメなら、その時は本腰入れて、自立することを考えましょう。