心と魂の開花学 | 澄田順子公式ブログ

真の自己愛に目醒め 魂へつながる心の道をひらき 自分を活かして生きる

「泣かせてはダメだ」から「泣いていいんだ」の子育てへ

インスピレーションと思考を融合させ、秘めた可能性を広げる心理掌握術
エニアグラム・ダイナミクス

メンタル・コーチの澄田 順子です。 

 

  • 赤ちゃんを泣かせてはいけない(心のキズになる)
  • 泣いている赤ちゃんを放っておいてはいけない
  • 赤ちゃんにこちらの言い分が通じるわけがない

 

これらの考えは、すべて「まちがい」です。こういった考え方で子育てをしていると、お母さんの心と体が、いつか追い詰められてしまいます。本当のことを知って、「つらい」子育てを卒業しましょう。

 

f:id:mismaru:20190308134229j:plain

 

赤ちゃんが泣くと、つらくなりますね。いてもたってもいられなくなります。夫は「はやく、泣き止ませろよ」なんて言ってきます。

 

公共施設や交通機関などでも、赤ちゃんが泣きださないか、本当に気を遣いますね。私自身も、見ず知らずの人から、辛らつな言葉を投げかけられたことが何度かあります。

 

おねがい、泣かないで。はやく、泣き止んで。泣き止んでくれたらなんでもいい。 お母さんはそんな気持ちでいっぱいです。

 

赤ちゃんに泣かれると、赤ちゃんから責められているように感じる。また、周りからも責められているように感じる。だから、赤ちゃんを泣かせないように、泣かせないようにして子育てをしているお母さんは、とても多いでしょう。

   

時に、お母さんの心がいっぱいいっぱいの場合、ぎゃんぎゃん泣いている赤ちゃんに触れることもつらいときがあるでしょう。

 

そんな時は、お母さん、赤ちゃんと一緒に泣いていいんですよ。赤ちゃんは寝かせたままでいい。「ごめんね、ママもつらくて、抱っこできないの」と赤ちゃんに伝え、一緒に泣きましょう。

 

赤ちゃんに泣かれてつらいのは、もしかすると、お母さん自身が一番、泣くことをガマンしてきたからではないでしょうか?

 

泣いちゃだめだ、泣かせちゃだめだ、と思って子育てをしていると、お母さん自身の気持ちが硬直し、とてもしんどくなります。やがて、水面下で限界に達し、ささいなことで爆発し、よけいに苦しくなってしまいます。

 

赤ちゃんは泣かせていいのです。泣くことは、赤ちゃんの感情表現の一つ。情緒面が発達し、気持ちの安定した子に育つための、大切なプロセスです。

 

 

重要なのは、泣いたときの接し方、対処のしかた。赤ちゃんの情緒面が成長するように働きかけることで、泣くことはお母さんにとっても赤ちゃんにとっても、感情解放の大切は機会に変わるんです。

 

泣かせないようにしてきたのは、泣いたときにどう対処したらいいのかわからなかったから。どのように対処したらいいのか、お母さん自身がしっかりと理解できれば、どんどかまえていられます。

 

同じように、ご自分の中でガマンして自分を責めて、でもこの気持ちをどうやったら楽にできるのかわからないから、泣きたくても泣けなかった気持ちも、対処法がわかればもっとおおらかに自分を受け入れえてあげられるようになります。

 

子どもは泣いていいんです。泣いたときは、お子さんの気持ちに寄り添うチャンスです。ここから、本当の親子のつながりをつくっていきましょう。

 

 

公式LINE@ ぜひご登録ください。 

15分無料セッションをしています。

澄田順子公式LINE@は

↓ 今すぐこちらから登録 ↓ 

友だち追加